「痩せたければ食べる!!」ノンストレスで痩せる♡

「食べるから太る。食べなきゃ痩せる。」と思っている人は多いはず。
「現代の女性は栄養失調で太っている!」という、衝撃的な事実が!
images.jpg
キレイに痩せたいなら、正しく食べましょう

食事制限をすると体重が減るのは当たり前だけど...
その結果、内臓の働きは鈍り、カラダは飢餓状態に。
結果、カロリーを消費しない、脂肪を燃やさない、代謝効率の悪いカラダになってしまいます。
正しい食材を食べ、脂肪が燃えやすく代謝のよい体を目指しましょう!

痩せるカラダづくりの為の食事法
【 朝食 】
1杯のお水と旬のフルーツ
適度な満腹感とビタミンミネラルが豊富な食事で1日のスタートを!!
朝食をたくさん食べ過ぎると食欲を刺激しすぎてしまうので要注意です。

【 朝10時のおやつ 】
ナッツ類
タンパク質やミネラルが豊富で脂肪燃焼作用のある脂が豊富!!

【 ランチ 】
牛肉の赤身ステーキ
昼から夜にかけては食べたものが燃えやすい代謝モードの時間帯。
だからこそ、脂肪燃焼作用の高い牛肉赤身ステーキを。

【 3時のおやつ 】
食べ痩せスナックと言われるポップコーンがおすすめ
おやつには、ポップコーンやドライフルーツを。
ポップコーンは、タンパク質が豊富で余分な脂質が少なく食べ痩せスナックと言われる一品。

【 夕食 】
夜は代謝が落ちるので、魚をメインに
玄米や野菜を一緒に摂りましょう。

食べるダイエットのコツ

1日2〜3杯の油で脂肪を落とす
「油はダイエットの天敵!」と思われがちですが、
「メイクをクレンジングオイルで洗い流すように、体脂肪は油で落とすと効率的」だそう。
ただし、しそ油、えごま油、ごま油、エキストラバージンのオリーブオイルなど、天然植物性の油が原則。

肉の赤身はダイエットの近道
肉には、代謝を上げて脂肪を燃やすL-カルニチン、筋肉の素となるたんぱく質、
甘いものを食べたい欲求を抑えるチロシンなど、ダイエットに欠かせない成分がたっぷり。
特に、レバ刺しや牛ヒレステーキは、最高の ダイエット 食と言っていいでしょう。

お米もOK!! 玄米は優秀なダイエット食
米類の中でもビタミン、ミネラルが豊富な玄米や雑穀は普通に食べていれば太る心配なし!
どうしてもパンが食べたい場合は、精白されていない黒いパンを選びましょう。

食べ合わせを工夫すればジャンクフードもOK
例えば、ケーキを食べたら酵素たっぷりの果物を食べたり、
スナック菓子と一緒に野菜ジュースを飲むとGood。
タンパク質などの代謝には酵素がたくさん使われるのがその理由で、効率よく酵素を補うことがカギ!!

食べ過ぎたら18時間以内にリセット
食べたものが脂肪になるには約2週間が必要。
この間に、肝臓にストックされている糖をリセットしてあげれば、
食べ過ぎても脂肪にはならないということ!!
その目安は18時間と言われているので、食べ過ぎた直後から18時間は何も食べないことが大事。
18時間断食が難しい場合は、「夜食べ過ぎ→翌朝抜き→昼は半分→夜抜き」と、
48時間を使ってリセットしてもOK。
これが、脂肪になる前の先手必勝法です!!



この記事へのコメント